はてなブログ側の考え方

はてなブログで書くと結構見てもらえるのは本当  GooleBloggerは不利

はてなブログが最近サービスのアフィリエイトを始めていて、一部のASPでは案件として出ている(下記バナー参照)。広告を見ると、はてなの姿勢としては対ワードプレス、対SEO、対初心者といった層に向けてのクリエイティブを作っていて、ああ、なるほどという印象。 私も2アカウントくらい契約しているので、実は結構使いすぎるくらい使っている。うち1つのブログは結構な収益源でもある。はてなブログは、偏屈なコミュニティではあるが、それはそれで人がいる。我のいるgoogle Bloggerのように、孤島のような世界に生息しているのとは違うのである。

しかし、はてなブログ、僕の2垢あるの、そろそろ1垢に減らそうかな。 確かにはてな自体は嫌というほどSEOを考えてきた会社で、はてなキーワードやら、ブックマークやらにその姿勢は現れているし、はてなブログの前身にあたるはてなダイアリーから脈々と続く流れもあり。

まあブログ書いてたら若干の不具合も残ってるところもあるんだけど、他社のブログよりは書きやすいだろうなとかそんなことは持っていても思いますね。

いまのはてなブログの書き手はかつてほどは面白くない


でもコミュニティとしてのはてなってどうかな?というか、ちょっと枯れてきてますよね。書き手施策が少ないため、作家もいつかないし、若干客層をnoteに奪われているのかなという面も。SPAMを防ぐ必要もあっての抽出アルゴリズム変更の結果、はてなブログトップページ、はてなブックマークのトップにあまり興味深いエントリが並ばなくなって久しい気がしますが。

「ブログに力を入れている」はてなと客のズレ


まあ、珍しくはてながブログの有料プランをちゃんと商売しに来ているということで、わざわざ広告投下しているくらいだし、ブログにあえて力を入れたことはマイナスには働いていないんでしょう。 ただ、お客さんサイド側が見ているものとはちょっとずれがありますよね…ワードプレスと比べてないだろうし……

ちなみに、アフィリエイトに関してですが、ゴリゴリのアフィリエイトブログはBanされますが、自身の言葉で商品紹介を語っているようなもので、露骨さがなければわりと許容されている部分もあります。基本、アフィリエイトをやる場合、はてな側から入っている広告を外すなどもしたほうがいいので、有料プランであるはてなブログProへの登録は必須となります。まあレンタルサーバの維持費と比較したら手間がかかんないのは確かなので、はてなブログPro自体はありだと思いますよ。

猫のためのテレビが気になる

これを見てこのDVDが欲しくなった。
新品価格
¥2,069から
(2019/6/17 21:33時点)
Image: Publicdomainpictures.net(CC0)

緊急通報の設定がえぐい

Galaxy Tab S4(海外モデル)に初期設定されている緊急連絡先は韓国の現状を伝えるものだった。

午後起きからのAI社会

水商売でもないのに31年間午後起きというとんでもない生活を送っている。

昔、編集という人たちは皆優しかった


その午後生活に最初憧れたのは昔、中高生の頃に見学した少年ジャンプ編集部だろうか、当時はDr.スランプやキン肉マン、ひばりくんなど大ヒット作だらけだったのだが、松井さんという編集者と、いまは白泉社の偉い人になった鳥嶋さん、ゆでたまごのよく出るほうの人じゃないほうの人の3人は集英社執筆室や応接でえらくやさしくしてくれたことを覚えている。ジャンプは結構な編集者が午後出社だったので、(実際は原稿を取りに行くからフレキシブルだったのだろうが)編集というのは時間帯が柔軟でうらやましいものだなあ、また顧客対応についてはとんでもなくやさしいものだなあなどと子供なりに思っていたが。

MINISO(名創優品,メイソウ)はGalaxy s8 plus用ガラスフィルムを常時売ってるのはありがたい(そろそろ切り替わるだろうが)

Galaxy S8 plus用のガラスフィルムをよく在庫してる穴場のお店は中国から世界に羽ばたいている最初日本風を装って普及した胡散臭い雑貨の「名創優品(メイソウ)」最近は日本でも結構お店を増やしています。さすが中国からのグローバル出店だけあって、iPhone以外にGalaxyも8,8+のガラスフィルムは置いているようです
正直落とすとすぐ割れちゃうので強度は微妙に9Hは全然ないのではと思いますが、まあ替えがすぐ買えるのはほんとにありがたい。でももう3つめなので、
さすがに次はちゃんとしたところのものを買おうかなと思います。

なにか旧正月的な習慣なのか


これこのあとも延々と続いており客いないからとは言えどうかとは思う

スマートウォッチFitbit Versaのスキンが凄い

さいきんスマートウォッチのFitbit Versaを愛用している。心拍と睡眠と歩数をチェックしたいからだ。CASIO風のスキンにしているが(もちろんそうとはうたっていない)、中には一流ブランドウォッチの商標まんま「XX風」といって逃げている第三者作成スキンも配布されてたりして昔のpcゲーム市場的な無法地帯感もある。。
4日くらい使うとバッテリーは無くなるが、専用充電台の充電スピードは充分に速く、充電中は腕に巻けないので記録的には欠損が出るとはいえ、まあスマートウォッチも「お休みの日」をとると思えば許せなくもない。

最近は他のメーカーもかなり頑張っているし、マイナーな中華の機種も跋扈しているけれども、Fitbitは先行者で何台も機種を出しているため、インターフェイス的には優れている。

Galaxy Tab S4純正Book Keyboard Coverを買った

輸入でETOREN(イートレン)からSamsung Galaxy tab S4純正英語キーボードつきカバーを買った。

これを使うと本体だけでサムスン独自の拡張デスクトップ的なDeXモードが使えて複数窓が開ける。
こんな包装でシンガポールからDHLで配送された。国内配送は佐川急便。
こんな感じでパソコンぽく使えて便利。日本語配列じゃないのはめんどうではある。
難を言えば耐水性がほしいかな。。 あと、Book Cover Keyboardのカバー側はわりときつくハマるので、取り出すことが容易ではなくなるので、本体の裏にあるもの(セロファン)など剥がしてから入れたほうがいいかも。


ここ(ETOREN)で Galaxy Tab S4は本体も上記のケース(Galaxy Tab S4純正Book Keyboard Cover)も個人輸入できる。


特にトラブルなどは発生しなかった。
関連記事
日本未発売のGalaxy Tab S4を買った

日本未発売のGalaxy Tab S4を買った

 2019年前半現在おすすめできる電源なしでペン入力できるタブレット、本体だけでDeX(デスクトップで擬似windows的なandroid複数窓運用)ができることが特徴。

Wikipedia中国版より
・Galaxy Tab S4(日本未発売/輸入)を買った。ハイエンドモデルではあるが、サムスンの中ではCPU的にはスマホスペックと大差ない(というか、現在のNoteシリーズの最新版には負ける)という意味では強い特徴がないのだが、日本国内市場用のタブレットはローエンドからミドルくらいのものしかほぼ出ておらず、日本で無理やり使えてそこそこ早いのはこれくらいしかないのだ。
・最初はペンつきタブレットとしては、HUAWEIを考えていたのだが、LTEモデルは1レベル落ちるモデルになるのと、近年の締め出しムードからして旅行時などを考慮し念のためにやめておいた(よけいなものが入ってようが、我々には大した機密はないのでそんなに問題はないのだが)。韓国からグローバルモデル展開するサムスンもそんなに安心安全とは思わないが、GalaxyやGalaxyNoteシリーズはドコモでは実際かなり上位で売れているわけで、ある程度の信頼はある。そのうえ自分も以前からサムスンのカメラやスマホも使ってきたくらいだ。まあ中華タブ以外ならこういう選択肢もやむないだろう(ということにしておく)。

絵が描きたいのとメモを簡略化したい

・買った理由はペンつきでお絵かきできる(しかも、電源OFFでもメモがとれるし、DeXモードでは液タブ代わりにもなるらしい)ということも大きいが、紙のメモ帳を持ち歩くのも重いし、ノートPCもってくほどでもないし、というときにタブレットだと電池がかなり大きいので長持ちするから。そしてサムスンだとスマホともうまく連携できること。
・一部輸入サイトにあるいろいろOSレベルでいじらなければならないというのはデマで、ここ10年くらいのサムスン端末は(僕はカメラも渡り歩いてきたのでわかるが)日本未発売であっても多くは日本語ロケールが乗っている。起動時のハングルからの日本語のセレクトで、簡単に日本語にモードは変更できた。なお、サムスンキーボードもキーボード設定のところで日本語を追加ダウンロードして変更すれば、特に問題なく普通の日本で使えるタブレットになった。
・Wi-Fi運用する分には「宅内自己責任」の範囲ではそう文句を言われることもないだろうが(技適が気になるなら、「有線LANの変換アダプタを買ってきて、有線LANで運用すると無線機ではなくなるので完全合法(僕は持っている)」)。LTEの場合は正直3Gにしないとまともに動かないかもしれない。完全合法運用するなら海外(で使った)SIMを刺して残量を日本ローミングで使えば良い(利用者に日本籍がなければ旅行者扱いなのでさらに良し)。
 ・PDA工房の「反射防止 ペーパーライク保護フィルム Galaxy Tab S4」が良い。紙にかいている感覚を目指しているからだ。ただし擦れるので擦れるのが嫌な人は別のをおすすめする。
・とりあえずメモなりお絵かきでもしたら上げてみようとは思うし、写真に ココ→ とか書けるのでそれだけでも良いと思う。
・ケースはまだ買っていなくて、しょうがないのでビデオレンズの入っていた巾着に入れている。Noteシリーズと違って本体にペンがささらないので、ペンを忘れないためにはケース要るな。→買いました

海外商品だからこそ保証のつくところで買ったほうがいいかと。ETORENのすすめ

海外オンリー発売品の場合、だいたいイーベイ・セカイモン、ETOREN、エクスパンシス、アメリカのAmazon、ヤフオクあたりに頼るようになりがちだが(韓国製品の場合はGmarketやQoo10なども)、関税込みで表記されており、日本国内にサービス拠点もあるので、保証期間中に修理の際も海外に送る必要がない買いやすいETORENで買ってみてはいかがだろうか。僕は本体は別のルートで買いましたが、オプションはここから買いました。

住所を英語表記の順番で入れるという点だけは気を付けたほうがいいのだが、案外問題ないものです。※外観傷については到着24時間以内の連絡でないと対応されないのでその点も注意。海外サイトではありますが、利用している人も多く、またA8.netの広告掲出審査にも通過しており、一定の信頼はあるものと考えてよいかと思います。ただし海外サイトの信用状態については刻々と変わることもあるので、直近の状況をいったん検索してから決められるといいかと思います。
対面で買われたい方は、韓国の仁川空港等、主要空港にある家電品の免税店売場に行くとあるので(次の機種が押される時期になるとなくなるとは思いますが、2019年3月に仁川国際空港の2タミ側でGalaxy Tab S4があるのを確認しました)、旅行の帰りとかに買われてみてはいかがでしょうか。
関連記事
Galaxy Tab S4純正Book Keyboard Coverを買った

麺好きか麺中毒か

麺好き自体は世の中いっぱいいると思うが、麺が好きになるかどうかということに関しては環境によるものが大きい。俺も完全に中毒だと思う。

理由は仕事で良くいるエリア(東京新宿区の小滝橋から高田馬場経由早稲田までの間)は数十年前からずっと「ラーメン激戦区」であり旨いラーメン店はあっちからほっといてもやってくるのである。そして20代の頃は売れる商品を低予算で作るために完全に会社に拘束されており事実上1日2食外食コンビニ弁当1食という生活だった。たぶんに麺喰らいになったのはそのせいが大きい。

あと独身時代が長かったので簡易的な食べ物として家でも乾麺、カップ麺にはだいぶ世話になった。

雄と牝の話

二頭の雄牛がガチバトル(闘牛の様子) 写真・(C)すしぱく/PAKUTASO提供
※広告対策があるので、あえて言葉を曲げて書いてます。誤字誤用は「わざと」です。

僕はもうすでに雄であることを放棄しているので、実家から電話がかかってきて「変わりない?」と聞かれても、その言葉の裏にある親による吉報はないのかという暗喩に対して「うん、永遠にもう変わりないんだよ」とも言えないので「変わらないよ」と言う日々を送っている。
日本人はそれにしても少子化に関してかなり鈍感だと思う。僕は児童時期から日本における男女間の「それ系」の教育というのはずっとおかしいと思っていて、そのへんの正しい教育をいつかやろうと思って入ったのがグラビア(を作るほうの)業界だという、ちょっと誤りにもほどがあるという流れで紙の仕事に数十年関わった(グラビアをやったのは頭2年くらい)。

グラビアをやっていて痛感したのは80年代くらいまでは「雄の時代」だったと思う。いわゆる「だんこん」主義の人もいっぱいいたし、それをあえて許している女の人というのはすごいなあと(いう誤解。あとに書く)。また分業のシステムがものすごくできていて、モデルプロダクションとメーカーは切り離されていたことで、どす黒い部分はプロダクションが負い、クライアントサイドは背負わないで済む仕組みとなっていたし、トラブルがあっても結局多くは相互の話し合い(最終的には金銭授受になると問題があるため3倍量頼むなど仕事の積み上げ等)で済むようになっていた。読者はブルーカラーを想定していたが、いまの10倍以上雑誌は売れていたし、出てくれる人もわけありな人が多かったが、いまだったら許容されないようなことが安易にビジネスになったという時代だし、世はバブルでわりと雑然と、男のやることは許容されていた(ように見える自分勝手な)時代だった。

でも、それもその時代、女性は不均衡な場所にいたというだけであって、そんな『「雄の世界」でいい。女性はそれを許容していた。』というのは幻想でしかないわけで、いまなんかは世の中にその反動が露骨に出ているし、ネットにはそんなことは許容しないという空気の人もわりといっぱいいる。

そのへんのバランスは難しい。もちろん、平等であるべきだと思っている。しかし、ある程度は「悪い」ことや「悪い場所」も許容しないと人は生気を失い、増えることも、ハッスルすることもない。いまは、男女間では正しいことがたくさん言えるし意見交換もできるようになったし、男の人も単純にハラスメントが世で許され難くなったことも影響はしているものの自主的な部分でも自分勝手率はだいぶ減っているはずなのだが、その代わりにまあ収入と空気と社会と、人々の「雄と牝」への幻想と思いの減退で、人は増えなくなった。

人口はこれから半分になるとか、移民でなんとかとかいろいろいってるけど、僕はこのままいくと半分どころではないことになるのは明白だし(だって歯止めがまったくかかっていないわけだし、まったく解決のめどは見えないのだ)。日本はいつか別の国にでもなってしまうんじゃないかと思う。

曲がりもの

強風の夜。
あえて枯れたのが混じった花を、

曲がった野菜を買う。

奢りはない、いまはそれ側の立場なのだ。

50歳を越えると終わりを意識する話

 50歳を越えると体感で終わりが見えてくるのだという。

 人のツイートを勝手に埋め込ませていただきました(twitterの規約上は、正規に埋め込めばOKになっていますが、問題あるようでしたら外しますのでご連絡ください )

 実際うちの家庭は、多分前にも書いたが墓じまいなので、この代で終わる。当然あらゆる面での終わりは意識しているのだが。普通免許をこの年になって取りに通っているのはそれの現れのひとつである(都市部ではいらないし、地方でも乗らないにこしたことはないのだが、親の今後の問題を考えると、急にかけつけたり運んだりすることもあるだろうから、取得しておくにこしたことはないのだ。もちろんそれだけではなく、楽しく乗ることも考えてはいる)。

 テレビでは芸人のいとうあさこ氏が酒の肴に家族もいないので…とよく墓の話をしていると言っていた。彼女はこの記事をポストしている時点では48歳と50歳は越えていないのだが、それでも、50歳で見えてくるものと同じようなものだ。この年齢になると実際にわりと眼の前で急に知り合いが消えて行く数が増えていく。芸人ならさらに成功を得ないまま消えていく知人も多いだろう。また、今の仕事の終わりもなんとなく見えてくる。するとそこからの余生、終わり方を考えざるを得なくなるのだ。保険にしても年金にしても老人ホームにしても。彼女があえて墓までを意識しているのは、結婚しないまま独身芸人的な立ち位置ももちろんあるが、あの年齢になるととにかくあらゆるところに可視化されて「終わり」が見えてくるということなのだ。

 そうなると、実はすごい達観するんですよ。その間の出来事を我慢する必要ってなくなるですよね。日常でアホなこと言われたり、ダメな環境にいてもスルーできるスキルがつくのはもちろんですが、いつでも止めていいかなというキモチになると何も怖くはないわけです。
 上の引用ツイートの通り、今後の選択を絞れるようになる。迷いはなくなっていく。年を経たことでここまでのタイムラインを俯瞰して客観視できる。ゴールが射程に入っている。そういう意味では未経験のまま何かをうすぼんやりと手探りしている若い状態よりも、老いっていいと思うんです。ただ若者は限りなく成功を志しているのと、死を意識する必要がないだけ、向上心の減った50代以降よりもいいのですが。
 自分の人生を振り返ると10~30代半ばまではそこそこよくて、そこからはなんとか生活は維持してますが、半分死んでるような感じ。とすると50代・60代あたりを楽しくしないと、ほんとうにそのまますぐに人生が終わっていってしまうわけで。ただ、もし子供がいたら我が子の成長のほうが大事なので、仕事やらなにやらがいかにどこまでも辛くても我慢すると思うんですよ。でもそこはうちの場合、特にないわけで。
 ならちょっとは経済的に困窮したとしても自由な時期を持っていてもいいんじゃないのかという気持ちです。平均寿命は長くなって100歳時代なんていってますけど、実際周囲で亡くなった人なんて平均寿命より10-20少ない人ザラですし。80代なんてあるかどうかもわからないわけです。もう誰も気にしなくなりつつありますが、このへんの食ばかり食べていれば、内部被曝も受けてるわけですしね。これは放射脳的なことで言ってるんじゃなくて、相当に近寄って高線量受けた人以外誰も死ななかったから検証しないままになってるわけで、内部蓄積は減衰が低いのは事実ですからね。まだ生かされてはいますけど、我々世代が安全だとは思っていません。

PIXTA素材(奥入瀬)

後から辛くなる

この記事は6月27日に書かれたものだが、当時カウンターが回りすぎて怖いのでいったん非公開とし、7月19日早朝に一部を再編集し、再公開したものである。

ついこの間一緒に酒を飲んだ知り合いが事件に巻き込まれて急に亡くなった。


例の事件(ブロガー刺◯とかIT講師刺◯とか言われているやつ)です。

ネットではF・F先生なんかも頻繁に飲んでいたようだが、僕もたまたま近い時期、(旧知のO君が来るけどどう、好きそうでしょ)みたいな感じで知り合いの元ネットアングラ系編、歌舞伎町住人に誘われて飲みにいった。
O君とは浅いなりに15-6年くらいの付き合いがある(けどかかわったのは3回くらい)。

新大久保駅に現れた彼と、もう1人の誘い主の人は先に(華僑服務社集合)となっていて、そのあとに入ったお店は、僕のセレクトで胡家小館 張亮麻辣湯(大久保店)だった。今考えるともう少しセレクトを考えてあげたほうがよかったかもしれないが、ネパールでもないしなと思ってここにした。奥に入らなかったのでガス台がないのか麻辣湯は食べられなかったが、中国感は非常に強いお店(こちらの意思がままならない、そしてそこそこには美味しい)。それなりには楽しんでもらえたのではないだろうか。同行した人は非常に面白い話を彼にしていたし。

彼は今後の展望から現在のネット収入まで洗いざらいしゃべってくれた。また、多分今の仕事から今後の生活を大きく変えようと考えていた真っ先だったのだろうが、だから本来は第二人格的な、本来つなげないはずのネットサイドの名前で露出を増やしていた。まさかその2ヶ月後くらい後に全てが断ち切られてしまうとは。

こう書いていても体が抵抗してくる。ですが、やはり地味に記録は残しておくべきだと思うのでとりあえずポストだけします。

浅い縁ではあるが2000年代前半から面識があったので、多少なりとも動揺はあります。その日に交換したLINEも事件後何度か見返してしまいました。そして事件後は、誰よりも彼の名とハンドルで検索をしていると思う。

1つだけ気になるのはネットでは我が物顔で善的な立場で追悼している人がいますが、あの人とO君は揉め事があったのが出会いなはず。少し前は仲がよかったのだろうか? 故人相手だけに相手が何を言っていてもそれが事実かはわかりません。ある意味では、無言の相手に対して礼儀をわきまえているとも言えるのですが、あのような芸的な数多い記事投下は割り引いて考えたほうがいいと思いました。
そもそも飲む約束にしても「親睦」というよりは、彼は当時、夏以降の展開に際して、興味のある人に会いに行っていたようですし。

まさかO君も予定を組んだ福岡のご実家近くの講演の場所でそんな目に合わされるとはまったく考えていなかったでしょうが(講演も今後やりたいことで暮らしていくためのものでもあったと思います)、そのわずか68日くらい前に、僕の眼の前の席、距離にして60センチくらいの位置に突然現れた理由をいろいろと考えてしまいます。偶然でしかないのでしょうが。僕の人生もわりと見えてきてしまっている昨今ですが、あの事件は僕の中では東日本大震災に匹敵するパラダイムシフトとなる出来事でした。まだそれが何という言葉にはできませんが。眼の前で知り合いが軟禁されようが、テレビニュースに知り合いが逮捕で出ようが、朝1のNHKサイトで上の人の面倒な出来事を知ろうが、どんな事件があっても驚かない僕ですが、じわじわとこの事件だけは翌日から来ました。意識として、必ずなにかしら変わっていくと思います。たぶんまず働き方が変わるでしょう。だって目の前の人が68日しか未来がなかったんですよ。今のままいる場合か。

いま思うと当日の写真はすぐにLINEで送るべきでした。僕のスマホの中には中華の食材をよそう彼の写真が2つほど残っていますし、彼との僅かなLINE登録のやり取りも残っています(マスには絶対に出しませんし出せるほどのネタはない)。残存した携帯はきっと契約を切る可能性も高いでしょうし、もし間に合っても遺族が見ることになるんでしょうが、回線契約が残っていたら、落ち着いた頃に送るつもりです。しかし、死というものは予想外にも身近なところにあるのですね。
トイレに行くたびに(特に現場がそうだし)、寝る前に、ニュースで顔が大写しになるたびに考えてしまいます。

そしてネットのアンダーグラウンドというのは終わっていくのだなとも。
ショッキングな話題でしたが、共有は本意ではないのでしないでいいです。そしてネットで嫌だなと思ったのは広告べったりな媒体にみんな彼の記事書いてるとこだよなと思ったのだが、ついここに書いてしまったら広告外せない(Wordpressならテーマによっては特定投稿だけ広告外すことができるがgoogleBloggerには当然ながらそういう機能はない)のは失敗だったな…。
そんなことはともかくとして、彼に、明日が来てほしかった。はあちゅうの事実婚にも、大手小町ウォッチャーでもある視点からも一言言っていただきたかったところ。「はあちゅうファンクラブ会長」というサブ肩書も書かれているの名刺が、いまも僕の机の右側にある。