必死で発信する理由

Tags

これから書くことはとりとめもない話で脳からだだ漏れたものだから読まなくていい

Webに定期的に投稿をする自分がいる。自己顕示欲ベースではない。だったらこの日記をSEOしてもっとアクセス数を増やすのだ。この日記に関しては、読まれるべき人にだけ読まれればいいと思っている。顧客を増やすということを目的としていない。
なぜ投稿で発信していくのか。理由としては、諸般の事情で収入を作らなければいけないのもあるのだが、一番大きいのはやはりいろんな意味で自身が役目を終えてしまったことが大きいんだと思う。
精神を保つことにはほとほと疲れているのだ。いまの仕事は早く卒業すべきだったかもしれない。生活のためだけに続けている。

仕事といえば知る範囲の人が最近メディアに大量露出している。再び脚光みたいなことを言われ周囲の人がなにかと華やいでいるが、描かれた世界、その残骸こそ、近頃は空虚だ。ああしてコンテンツ化されていくことで、いよいよ諸先輩方は総まとめに入ったのだなと思う。

もうまるで鎮魂歌みたいなものである。ご本人でなくとも同じく空虚な日々を送ってきた人たちは、キャラクターモデルとなってカタルシスを感じているかもしれないが、やはり面白主義の陰で客観的にみると人生についてなにかを犠牲にした人たちが多い(主に結婚や繁殖など)。だから滑稽になりそのデフォルメされた総まとめのなかでは羨ましくも見えるのかもしれないが。

まあ、人のことはいい。

自分がいくらダメだからといって人生を終わらせはしないし、逃げるなら酒なのだが、もうあまり酒に依存できないからだなのは自らひしひしとわかる。糖尿を意識すれば減らすべきは酒だからだ。
あと、体を蝕むので周囲から呪詛や怨嗟を受けるのはもう最小限にしたい。恨み言を言ってる自分が言うのもなんだが。ダメージは年とともにきつくなる。

また仕事の話に戻るが、仕事において自分のパワーは、パワフルに企画を当てていくことで他の不足点を攻撃されないように防御し成り立っていた。金を入れていけば誰も文句は言わないのだ。それから降りて15年経ち、気がつくと同じ時代にいた諸先輩方は、数人の人以外誰もいなくなっている。そんなワザは通用しない。いま仕事でも受けるのは、ダメージだけだ。現状の環境は、なにをやってどう役に立っているかがわかりづらいセクションであり非常につらいので環境改善を毎年訴えているのだが、今年は労務に関して「我慢してくれ」といわれたのがいちばんきつかった。事実上の封じ込めだ。50代にして受けるものではない。なぜ日々面白かったはずの職務が辛くなっているのか、といえば、ボタンのかけ違えとしか言えないこともあるし、ある意味当てにいかなかった結果もあるのだが、ここにきて今年の主張が通ったのは宛名シールのブランドを変えてもいいくらいのことで、裁量権は皆無に等しく、方向性を見失っている。


ところでいま、親の老後と自分の今後、また夫婦の行動範囲の拡充を考えて運転免許をとりにいっているのだが、こういうときに限って仕事オーバーキャパな状態で、毎月やらなければならないこともとばしているくらい。もうだれもハンドリングしないところに一人でいる上に予算ゼロだから人にも振れずどうにもならない。こういう現状ではどうしても自動車学校に通う度合いは減るのだが、それでも寝ないでいけばいいのではあるが、年齢的にそうすると仕事なり生活に弊害があり、学習自体にもよくない影響がありそう。やるとしたら(在学中の)後半平日に休暇とって集中して授業を受けるかか。取れるかどうかもすこし心配だが、なんかあっても(運転免許施設に)2度入ってもいいやくらいの気持ちでいる。
いまは、GW海外を糧になんとか生きていく。


写真はただの菓子くらいのつもりでいたが、よくみたらゾンビスナックだった。こんな感じになりたくはない。

50代のおっさんです。