借金と株と不動産投資術

Tags

 僕の趣味はビジネスモデルを考えることで、実際過去約10年くらいは会社に半期年間2億くらい、残りも数千万くらいは<純利>で入れているので、こんな立場に本来追われることもないのだが、いまも新宿で一人暮らしのワンルームで、貯金額は限りなく流動的でゼロに近い。ワンルーム住まいの原因は会社が一部の赤字にマイナス査定を入れていることによる総収入の極端な低下と、借金の2点。まあ会社の話は上層部の都合次第なので、あえて通常給与と保険と年金がついて居るわけだからそれがもらえればいいや、としょうがなくここでは妥協するとして。

 借金というのはげに恐ろしいもので、なかなか消えないのですね。借金は彼女に去られる材料にもなりやすいので、今数十万でもつまんでる人は早めに完済するようにしたほうがいいと思います。
 業者側にも良心のある無しはあるけどね。某「M」という、U銀行+金融P社が組んだローン会社で200万借りかえたときは良心の無さに驚いたね。だって、推奨返済額での完済年月見たら50年後くらいで設定されてるんだもの。こわ。そんなこともあるので、あっちが勝手に決めている推奨返済額より多く返せるときは返すべきです。 最近は年利15から18%のものも増えましたが、だいたいちょっと前のサラ金で年利25%の場合、2年借りてたら元本の合計50%も無駄金(金利)を払う訳で、10年借りてたら元本の250%を知らずのうちに払っている訳だ。20年で元本の500%…。無駄としかいいようがない。
 企業経営してる場合は、借金することで上手く税金が減らせることもあるのでまた別だが、個人のギャンブル的な借金はやめたほうがいいね。僕なんかの場合、お金がないから企画が浮かぶというのもあるんだけど……。

 取引先に、アコムの借金200万を元手に株投資して、見事今では20億くらいになってる人がいますが、そういう人はインターネット仕手筋とかかなり危なげなことをしていたりするので、素人の場合は火傷すると思いますし、もうそういうことも出来なくなりつつありますが。といいつつうちのスタッフでも借金株投資で借金を全額返済して家まで買った人もいます……。借金すんな、という文を書いてるのに成功例を書いてどうする。

 そんな僕の周りには、借金で鍛えたせいなのかどうなのかわかりませんが、投資術みたいなのが溢れています。まあ内緒にしていても意味ないというか、こちらで実現させること自体が難しいので、ヒントとしていくつか書いておきます、この通りやったからといって利益が出るかどうかは一切保証できませんし、賠償にも応じませんので念のため。

 まず、首都圏、山手線内のターミナル駅で徒歩3分以内の単独ビル物件を必ず買うという人がいます。徒歩3分以内、というのが重要。これは、どんなボロいのを買っても必ずテナントが埋まるので、適度なものがあれば仕込んでいますね。確かに、駅から近ければ、多少問題物件であろうが空きだらけになるほうがまれです。本業よりも不動産利益のほうの創出のほうが多いかもなあという感じです。コツとしては、地域的にはいろんな場所で目の届かなくなるようになるより、1?2箇所に固めたほうが管理がラクらしいです。また、駅前だと金融系のテナントが入る可能性がありますが(よくある無人契約機など)、そういうところは迷惑料なのか、通常の2倍近くの家賃を払ってくれるのでむしろ大歓迎だそうで。
 
 歌舞伎町近くに分譲物件を持っている人も複数居ます。多くは分譲で買ったちょっとしたワンルームマンションですが、ホストや韓国人、水商売などの人は金銭的余裕もあるため比較的高い賃料設定でも借り手があるので、直接それ系の不動産業者から貸すと比較的高く貸せる。回転率も高いし、いわゆる敷礼を抑えた代わりに家賃を上げているものもあり、計算しやすいのです。また、金融など普通の場合嫌がる業種向けの事務所として貸せば、いい場所だとワンルームでも15万くらいまで取れるのだそうです。なるほど儲かりそうですね。

 また、知り合いでボロビルを買った人がいるのですが、日本語学校の寮として、ベッド単位(共同部屋)で貸したりしているそうで。数ヶ月単位で出て行くため回転率が物凄く良いそうです。まあ個別マンションだと、不安定な留学生だけに支払いにおいて事故とかありそうですが、寮の秩序があれば、利殖としてはいいのかもしれません。なにしろ学校が紹介してくれるから空室率は非常に低いはず。

 みなさん独自の信念を持って上手くやっているのだなぁと思います。元手があればの話ですが、あんまり景気自体はよくない今のこのへんにも、もう少しお金は転がっているのかもしれません。

元手がないので、話を聞くだけなのですが…さて、またビジネスモデルでも考えますか。

50代のおっさんです。