ラベル 日記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 日記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

曲がりもの

強風の夜。
あえて枯れたのが混じった花を、

曲がった野菜を買う。

奢りはない、いまはそれ側の立場なのだ。

50歳を越えると終わりを意識する話

 50歳を越えると体感で終わりが見えてくるのだという。

 人のツイートを勝手に埋め込ませていただきました(twitterの規約上は、正規に埋め込めばOKになっていますが、問題あるようでしたら外しますのでご連絡ください )

 実際うちの家庭は、多分前にも書いたが墓じまいなので、この代で終わる。当然あらゆる面での終わりは意識しているのだが。普通免許をこの年になって取りに通っているのはそれの現れのひとつである(都市部ではいらないし、地方でも乗らないにこしたことはないのだが、親の今後の問題を考えると、急にかけつけたり運んだりすることもあるだろうから、取得しておくにこしたことはないのだ。もちろんそれだけではなく、楽しく乗ることも考えてはいる)。

 テレビでは芸人のいとうあさこ氏が酒の肴に家族もいないので…とよく墓の話をしていると言っていた。彼女はこの記事をポストしている時点では48歳と50歳は越えていないのだが、それでも、50歳で見えてくるものと同じようなものだ。この年齢になると実際にわりと眼の前で急に知り合いが消えて行く数が増えていく。芸人ならさらに成功を得ないまま消えていく知人も多いだろう。また、今の仕事の終わりもなんとなく見えてくる。するとそこからの余生、終わり方を考えざるを得なくなるのだ。保険にしても年金にしても老人ホームにしても。彼女があえて墓までを意識しているのは、結婚しないまま独身芸人的な立ち位置ももちろんあるが、あの年齢になるととにかくあらゆるところに可視化されて「終わり」が見えてくるということなのだ。

 そうなると、実はすごい達観するんですよ。その間の出来事を我慢する必要ってなくなるですよね。日常でアホなこと言われたり、ダメな環境にいてもスルーできるスキルがつくのはもちろんですが、いつでも止めていいかなというキモチになると何も怖くはないわけです。
 上の引用ツイートの通り、今後の選択を絞れるようになる。迷いはなくなっていく。年を経たことでここまでのタイムラインを俯瞰して客観視できる。ゴールが射程に入っている。そういう意味では未経験のまま何かをうすぼんやりと手探りしている若い状態よりも、老いっていいと思うんです。ただ若者は限りなく成功を志しているのと、死を意識する必要がないだけ、向上心の減った50代以降よりもいいのですが。
 自分の人生を振り返ると10~30代半ばまではそこそこよくて、そこからはなんとか生活は維持してますが、半分死んでるような感じ。とすると50代・60代あたりを楽しくしないと、ほんとうにそのまますぐに人生が終わっていってしまうわけで。ただ、もし子供がいたら我が子の成長のほうが大事なので、仕事やらなにやらがいかにどこまでも辛くても我慢すると思うんですよ。でもそこはうちの場合、特にないわけで。
 ならちょっとは経済的に困窮したとしても自由な時期を持っていてもいいんじゃないのかという気持ちです。平均寿命は長くなって100歳時代なんていってますけど、実際周囲で亡くなった人なんて平均寿命より10-20少ない人ザラですし。80代なんてあるかどうかもわからないわけです。もう誰も気にしなくなりつつありますが、このへんの食ばかり食べていれば、内部被曝も受けてるわけですしね。これは放射脳的なことで言ってるんじゃなくて、相当に近寄って高線量受けた人以外誰も死ななかったから検証しないままになってるわけで、内部蓄積は減衰が低いのは事実ですからね。まだ生かされてはいますけど、我々世代が安全だとは思っていません。

PIXTA素材(奥入瀬)

後から辛くなる

この記事は6月27日に書かれたものだが、当時カウンターが回りすぎて怖いのでいったん非公開とし、7月19日早朝に一部を再編集し、再公開したものである。

ついこの間一緒に酒を飲んだ知り合いが事件に巻き込まれて急に亡くなった。


例の事件(ブロガー刺◯とかIT講師刺◯とか言われているやつ)です。

ネットではF・F先生なんかも頻繁に飲んでいたようだが、僕もたまたま近い時期、(旧知のO君が来るけどどう、好きそうでしょ)みたいな感じで知り合いの元ネットアングラ系編、歌舞伎町住人に誘われて飲みにいった。
O君とは浅いなりに15-6年くらいの付き合いがある(けどかかわったのは3回くらい)。

新大久保駅に現れた彼と、もう1人の誘い主の人は先に(華僑服務社集合)となっていて、そのあとに入ったお店は、僕のセレクトで胡家小館 張亮麻辣湯(大久保店)だった。今考えるともう少しセレクトを考えてあげたほうがよかったかもしれないが、ネパールでもないしなと思ってここにした。奥に入らなかったのでガス台がないのか麻辣湯は食べられなかったが、中国感は非常に強いお店(こちらの意思がままならない、そしてそこそこには美味しい)。それなりには楽しんでもらえたのではないだろうか。同行した人は非常に面白い話を彼にしていたし。

彼は今後の展望から現在のネット収入まで洗いざらいしゃべってくれた。また、多分今の仕事から今後の生活を大きく変えようと考えていた真っ先だったのだろうが、だから本来は第二人格的な、本来つなげないはずのネットサイドの名前で露出を増やしていた。まさかその2ヶ月後くらい後に全てが断ち切られてしまうとは。

こう書いていても体が抵抗してくる。ですが、やはり地味に記録は残しておくべきだと思うのでとりあえずポストだけします。

浅い縁ではあるが2000年代前半から面識があったので、多少なりとも動揺はあります。その日に交換したLINEも事件後何度か見返してしまいました。そして事件後は、誰よりも彼の名とハンドルで検索をしていると思う。

1つだけ気になるのはネットでは我が物顔で善的な立場で追悼している人がいますが、あの人とO君は揉め事があったのが出会いなはず。少し前は仲がよかったのだろうか? 故人相手だけに相手が何を言っていてもそれが事実かはわかりません。ある意味では、無言の相手に対して礼儀をわきまえているとも言えるのですが、あのような芸的な数多い記事投下は割り引いて考えたほうがいいと思いました。
そもそも飲む約束にしても「親睦」というよりは、彼は当時、夏以降の展開に際して、興味のある人に会いに行っていたようですし。

まさかO君も予定を組んだ福岡のご実家近くの講演の場所でそんな目に合わされるとはまったく考えていなかったでしょうが(講演も今後やりたいことで暮らしていくためのものでもあったと思います)、そのわずか68日くらい前に、僕の眼の前の席、距離にして60センチくらいの位置に突然現れた理由をいろいろと考えてしまいます。偶然でしかないのでしょうが。僕の人生もわりと見えてきてしまっている昨今ですが、あの事件は僕の中では東日本大震災に匹敵するパラダイムシフトとなる出来事でした。まだそれが何という言葉にはできませんが。眼の前で知り合いが軟禁されようが、テレビニュースに知り合いが逮捕で出ようが、朝1のNHKサイトで上の人の面倒な出来事を知ろうが、どんな事件があっても驚かない僕ですが、じわじわとこの事件だけは翌日から来ました。意識として、必ずなにかしら変わっていくと思います。たぶんまず働き方が変わるでしょう。だって目の前の人が68日しか未来がなかったんですよ。今のままいる場合か。

いま思うと当日の写真はすぐにLINEで送るべきでした。僕のスマホの中には中華の食材をよそう彼の写真が2つほど残っていますし、彼との僅かなLINE登録のやり取りも残っています(マスには絶対に出しませんし出せるほどのネタはない)。残存した携帯はきっと契約を切る可能性も高いでしょうし、もし間に合っても遺族が見ることになるんでしょうが、回線契約が残っていたら、落ち着いた頃に送るつもりです。しかし、死というものは予想外にも身近なところにあるのですね。
トイレに行くたびに(特に現場がそうだし)、寝る前に、ニュースで顔が大写しになるたびに考えてしまいます。

そしてネットのアンダーグラウンドというのは終わっていくのだなとも。
ショッキングな話題でしたが、共有は本意ではないのでしないでいいです。そしてネットで嫌だなと思ったのは広告べったりな媒体にみんな彼の記事書いてるとこだよなと思ったのだが、ついここに書いてしまったら広告外せない(Wordpressならテーマによっては特定投稿だけ広告外すことができるがgoogleBloggerには当然ながらそういう機能はない)のは失敗だったな…。
そんなことはともかくとして、彼に、明日が来てほしかった。はあちゅうの事実婚にも、大手小町ウォッチャーでもある視点からも一言言っていただきたかったところ。「はあちゅうファンクラブ会長」というサブ肩書も書かれているの名刺が、いまも僕の机の右側にある。

レコード・プレイヤーズ

レコードプレイヤーが壊れた。 ダリのスピーカーを買ってつないだその日に壊れた。 残念ながらダリのスピーカーの最初の仕事は断線しているかどうかの仕事になってしまった。

 レコードプレイヤーは、既に撤退しているメーカー。子会社が作っていたようなのだが、 もう事実上サポートがない状態。 このプレイヤー、気に入っていたのだが、まだ数回しか通電していない。

雲を見た

雲をじっくり見た。子供の時、掃き出し窓のさんからずっと雲を見ていた。専門学校をやめて引きこもっていた頃と、鬱でこもってた30代半ばの頃も少し見ていたかもしれない。旅先で久々に見ることになった。遠いところに来た。

みきわめ

(運転)免許(=自動車学校)の「技能」がやっと第一段階ラストのみきわめまで行った。みきわめってなんだか緊張して嫌な名前だが、当然自分で緊張するのはわかっていたので1回で受かろうなどとは思ってもいない。2度で通過したが、あとは残りの学科数時間をやって学科側の検定を受けなければならない。それでやっと仮免へという段取りだ。みきわめ、大事だよね。いや人生的なみきわめですよ。

まあそれは諦めるとして、全然関係ない話だが、「漫画村」云々やら国家によるサイト遮断みたなことで「違法サイト」問題が脚光を浴びる裏において、「ネット広告産業」の表裏がわりと地味ではあるがやっと出てきつつあるなあと思う。

ネット広告屋さんは、決算前にだいたい数字だけ作ればいいので、裏側ではトラフィックを大量に持っているグレーなサイトをメインクライアントに持ってたり、あるいはそれを身内に個人運営させていたり、あるいはそのまま直で代理店自身が運営しているということは結構ある(複数代理店で知っている)。

「掲出先がわからない」という体でアドテクだのなんだの言ってるが、まるまる掲出先がわからないわけではなく、わからないように振る舞っているだけで、だいたい自分の会社がどこに出しているかは「だいたい」把握してるし、どこに出ているかわからないまま金が回収できるというシステムなら明らかに欠陥だ。

ほかにも黒いサイトに肩入れしている広告代理店だってそれなりにあるし、そうじゃないにしても表で一般、上場の顔していて裏で掲出先に違法サイトが含まれる、あるいは表向き会社をわけて掲出しているところなんてかなりの確率だったりするのだ。

そんなことは別の人が頑張って書いてくれるだろうからいいとして、僕も昔からアンダーグラウンドな世界に長く身をおいてきたので、そのような表裏については書かないこともいっぱいある。

終わったら書こうと思っていることもあるが、終わるころにはみんな興味ももたないし、忘れてしまうんだよな。しまいには死んだら死人に口なしですからね。
生きているうちに、書き時もみきわめていかないといけません。


最近、晩杯屋新宿思い出横丁店にいるときだけが楽しみだったりする。

必死で発信する理由

これから書くことはとりとめもない話で脳からだだ漏れたものだから読まなくていい

Webに定期的に投稿をする自分がいる。自己顕示欲ベースではない。だったらこの日記をSEOしてもっとアクセス数を増やすのだ。この日記に関しては、読まれるべき人にだけ読まれればいいと思っている。顧客を増やすということを目的としていない。
なぜ投稿で発信していくのか。理由としては、諸般の事情で収入を作らなければいけないのもあるのだが、一番大きいのはやはりいろんな意味で自身が役目を終えてしまったことが大きいんだと思う。
精神を保つことにはほとほと疲れているのだ。いまの仕事は早く卒業すべきだったかもしれない。生活のためだけに続けている。

仕事といえば知る範囲の人が最近メディアに大量露出している。再び脚光みたいなことを言われ周囲の人がなにかと華やいでいるが、描かれた世界、その残骸こそ、近頃は空虚だ。ああしてコンテンツ化されていくことで、いよいよ諸先輩方は総まとめに入ったのだなと思う。

もうまるで鎮魂歌みたいなものである。ご本人でなくとも同じく空虚な日々を送ってきた人たちは、キャラクターモデルとなってカタルシスを感じているかもしれないが、やはり面白主義の陰で客観的にみると人生についてなにかを犠牲にした人たちが多い(主に結婚や繁殖など)。だから滑稽になりそのデフォルメされた総まとめのなかでは羨ましくも見えるのかもしれないが。